廃校活用
体験施設

黒谷和紙工芸の里(和紙工芸研修センター) 

0773-45-1056
  • 宿泊
  • 体験
  • 食事
  • 買物
〒629-1242 京都府綾部市十倉名畑町欠戸31
種別
物販、体験
関連ワード
田舎、自然が豊富、山間

工芸の里

2005年に閉校となった旧口上林小学校をリニューアルし、体験&研修施設として、「黒谷和紙工芸の里(和紙工芸研修センター)」が2005年にオープンしました。
運営は、「黒谷和紙協同組合」によって行われ、紙漉き体験等ができます。

黒谷和紙の由来

黒谷和紙の歴史は今を遡ること約800年、源平の争乱に敗れた平氏の一団が今の黒谷に身を潜め自生していた楮を使い【紙】を作ったことが始まりとされています。江戸時代、谷氏山家藩(1万6千石)の所領となった黒谷はその擁護を受け、紙漉き村としてより一層発展していきました。昭和中期には桂離宮のふすまを製作するなど、黒谷和紙は内外共に高い品質を評価されています。

紙漉き体験

黒谷和紙工芸の里は、【1階】は展示即売コーナー、展示室、紙すき体験室、紙すき場、【2階】は展示室、口上林郷土資料室で構成されています。

基本情報

施設名
黒谷和紙工芸の里(和紙工芸研修センター) 
所在地
〒629-1242 京都府綾部市十倉名畑町欠戸31
電話
0773-45-1056
FAX
0773-45-1056
メール
ウェブサイト
http://kurotaniwashi.jp/experience/
営業時間
09:30~16:00
営業日
土曜日、日曜日、祝日
休館日
月曜日~金曜日/お盆、年末~3月
予約
 
駐車場
有り

廃校について

旧学校名
旧口上林小学校
開業年度
2005年
問い合わせ先
黒谷和紙工芸の里(黒谷和紙協同組合)

アクセス

ツイッター・フェイスブック

メニュー
閉じる
言語
閉じる