ツアー・セミナー

第4回農山漁村コミュニティビジネスセミナー

まだまだ若いものには負けられない。素敵な仲間と美味しいトマトで地域再生!

平成30年度第4回目の農山漁村コミュニティセミナーは、奈良県から移住した夫婦が高地であることを活かしたトマト栽培とそのトマト加工品づくりで、地域の農家女性と一体となった6次産業化の取り組みを紹介します。

※申込の状況により、新たな参加者、遠方よりご参加の方等を優先させていただく場合がありますのでご了承ください。

基本情報

日程
2018年10月4日(木)13:00~16:30(予定)
費用
2,000円
開催場所
東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
(一財)都市農山漁村交流活性化機構 会議室
対象
トマトづくり、山村地域への移住、地域資源を活用した6次産業化による農村活性化、中山間での起業、農山漁村コミュニティビジネスに関心がある方、都市農山漁村交流に取り組まれている方、行政関係者、地方創生、地域計画、地域振興、農林漁業に興味を持っている企業関係者等
その他
※お申し込み後、定員を超える等、諸事情により参加をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

1.主催者挨拶 13:30~

(一財)都市農山漁村交流活性化機構 専務理事 山野昭二

2.講義

企業組合遊子川 ザ・リコピンズ代表理事 辻本京子 氏 

 辻本さんは、農業経験はありませんでしたがトマト栽培を始めていた知人の誘いで、2002年に愛媛県西予市遊子川(ゆすかわ)を訪問して、トマトが大好きという思いから主人を説得して奈良県から移住しました。
3年後には休耕地を買い取り、2012年には、トマト農家の女性を中心に20名で規格外トマトの加工商品開発をはじめ『遊子川特産品開発班』の代表を努めています。
 また、20144月からは、農家レストラン「食堂ゆすかわ」(旧JA施設を活用、毎週水曜日と第4日曜日を営業日)をオープンするほか商品開発を進めていた自家製「トマト酢」を使った『トマトユズポン酢』の販売をスタート。仲間とともにトマトの加工作業、レストランでの調理、さらに、ご主人と一緒にトマト栽培に取り組む多忙な日々を送っています。第15回オーライ!ニッポン大賞 ライフスタイル賞受賞。
 また遊子川地域活性化プロジェクトを支える遊子川公民館は、文部科学省が実施する第69回優良公民館表彰で最優秀館に選定されました。(平成2710月現在,全国の公民館数は14,171館)この公民館活動では地域住民自らが地域課題の把握と解決に向け、様々なテーマを設けて開催する学習会「夢かけるフォーラム遊子川」を27年間継続してきたことによって、地域住民が主体となって取り組む体制が構築され、世代や職種などを超えた住民の一体感の醸成につながっていること。
 地域の伝統文化の保存伝承に努めて愛郷心を育てるとともに、地域の豊富な森林資源を活用して木工文化を導入したり、地域住民手作りの自主企画映画に挑戦したりするなど、地域のコミュニティ力の向上や持続可能な住民活動に大きな成果が上がっています。

3.意見交換 辻本さんへの質問や情報交換を行います。

《会場地図》


大きな地図で見る

JR「神田駅」 東口より 徒歩5分
東京メトロ銀座線「神田駅」3番出口より 徒歩5分
都営新宿線 「岩本町駅」 A1出口より 徒歩3分

第4回農山漁村コミュニティビジネスセミナー[10月4日(木)開催]WEBフォーム申込書

(例)町村 花子

(例)まちむら はなこ

(例)千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5F

(例)machimura@machimura.co.jp(半角数字で入力してください)

(例)012-3456-7890(半角数字で入力してください)

(例)080-0000-0000(半角数字で入力してください)



関連するオススメ情報

  • 特産品
  • 山間

高知県境に程近い、愛媛県西予市遊子川地区は、寒暖差が大きい遊子川は、甘みと酸味のバランスがとれたおいしいトマトが採れると産地。そこで、「トマト」をキーワードに村おこしに奮闘する約20名の女性団体が「遊子川ザ・リコピンズ」です。  リコピンズが拠点としているのが、「食堂ゆすかわ」。食堂では“トマトづくし”の週替わりランチのほか、ハヤシライスやオムライスなどの...

平成26年4月26日、信州せいしゅん村が農家レストランを開業しました。レストランの他にそば打ちコーナー、農産物直売コーナーがあり、武石地区で採れた新鮮な野菜を販売しています。

メニュー
閉じる
言語
閉じる