ツアー・セミナー

2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町 12/7 開催案内

農山漁村地域においては人口の減少や高齢化、社会資本の老朽化や廃校等に伴い、集落機能や地域活力の低下が進行しており、農山漁村に受け継がれている豊かな地域資源を最大限活用した地域の活性化に取り組むことが必要とされています。このため、廃校活用をテーマとする各種情報提供を行い、農山漁村地域の活性化を支援することを目的に、「2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町」を開催いたします。

主催 一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構 (愛称 まちむら交流きこう)

後援 木曽町

基本情報

日程
2018年12月7日(金曜日) 13:00~16:40
募集人数
50名(要申込/定員になり次第募集締切)
費用
セミナー参加費3,000円(資料含/当日現金支払)、昼食代(希望者のみ/当日現金/要申込)
開催場所
ふるさと体験館きそふくしま (長野県木曽郡木曽町新開6959)
対象
廃校活用に係る実践者、検討者、行政職員、その他廃校活用に関心のある方等
その他
※申込及び支払いについて
・参加申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、FAXにて参加申込書を当機構宛てにお送りください。確認が出来次第、受付完了書を返送いたします。
・参加費等の支払は開催当日、現金にてお支払い下さい。昼食のキャンセルは、取消料(開催前日50%、開催当日100%)が発生しますのでご注意ください。

関係書類

参加申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、FAXにて参加申込書を当機構宛てにお送りください。確認が出来次第、受付完了書を返送いたします。

2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町 参加申込書(WORD)

2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町 参加申込書(PDF)

2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町 開催要領(PDF)

2018全国廃校活用セミナーin長野県木曽町 開催パンフレット(PDF)

開催プログラム

11:15~12:45 昼食 (希望者のみ/事前予約制)

12:30~13:00 開場・受付
13:00~13:10 開会
       挨拶  山野 昭二 一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構専務理事
13:10~13:30 Ⅰ 全国における廃校活用に係る概況説明
       講師  畠山 徹  一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構業務第一部参事
13:30~15:30 Ⅱ 事例報告
       ◆『星ふる学校くまの木』 (旧熊の木小学校/栃木県塩谷町)
       講師  加納 麻紀子 NPO法人塩谷町旧熊の木小学校管理組合事務局長 
       ◆『大杉谷自然学校』 (旧大杉小学校/三重県大台町)
       講師  大西 かおり NPO法人大杉谷自然学校校長
       ◆『ふるさと体験館きそふくしま』 (旧黒川小学校/長野県木曽町)
       講師  塩澤 郷子 NPO法人ふるさと交流木曽事務局
15:30~15:40 休憩
15:40~16:30 Ⅲ パネルディスカッション
       司会  畠山徹 (一財)都市農山漁村交流活性化機構業務第一部参事
       上記、事例報告者3名も加わり、会場からの質疑を受けながら行います
16:30~16:40 閉会

事例報告及び講師紹介

 

※大杉谷自然学校 (旧大杉小学校/三重県大台町)の紹介
■旧学校名/旧大杉小学校/1999年閉校
■施設名/大杉谷地域総合センター/1999年開設
■所在地/三重県大台町久豆199
■開設主体/大台町(旧宮川村)
■設置目的/住民福祉の向上と生涯学習等の推進を図り、住みよい地域社会を築くための施設として、大台町大杉谷地域総合センターを設置する
■運営主体/NPO法人大杉谷自然学校(指定管理/2階フロアを借り受け)
■設立目的/現代の消費型社会に対して問題提起をし、日本の地域社会に残された循環型社会へのヒントを環境教育及び地域経済に反映する事業を行い、もって持続可能な新しい社会の創造に寄与することを目的に大杉谷自然学校を設立する
■活動内容/①環境教育事業(自然体験活動/森林環境教育/学校向け教育プログラム/森のようちえん/防災教育)、②環境教育普及事業(各種講演会への人材派遣/指導者育成講座の開催)、③調査研究事業(生態系調査/伝統漁法や地域文化の記録継承)、④地域支援事業(移住促進/地域の暮らしの聞き取りと保存伝承/地域行事協力)
■利用状況/年間体験者数4,189人/2017年度

※星ふる学校「くまの木」 (旧熊ノ木小学校/旧熊ノ木小学校)の紹介
■旧学校名/旧熊ノ木小学校/1999年閉校
■施設名/星ふる学校「くまの木」/2002年開設
■所在地/栃木県塩谷町大字熊ノ木802
■開設主体/塩谷町
■設置目的/自然資源を活用した体験学習及び余暇活動を通した事業を総合的に推進することにより地域の活性化を図るるめ、塩谷町やすらぎの体験交流施設を設置する
■運営主体/NPO法人くまの木里暮らし(管理委託)
■設立目的/塩谷地域内外の人を対象として、地域の資源や農山村の環境を活用した体験交流事業や、農山村の振興に関する事業を行い、あわせて自然の営みと人々の暮らしが調和する社会の実現に向けた取組みを進め、次世代につながる魅力ある地域づくりに寄与する
■活動内容/①地域の資源や農山漁村の環境を活用した体験活動等を企画・実施する事業、②地域の資源や農山漁村の環境を活用した宿泊施設運営及び食事提供事業、③人と自然を大切にする子どもを育てる事業、④里地・里山の整備・保全を行う事業、⑤農山村地域の振興等にかかわる各種実践及び調査・研究、普及・啓発事業、⑥その他の事業(物販販売事業)
■利用状況/年間体験学習者数1,891人/2017年度、年間宿泊者数5,917人/2017年度

※ふるさと体験館きそふくしま (旧黒川小学校/長野県木曽)の紹介
■旧学校名/旧黒川小学校/1997年閉校
■施設名/ふるさと体験館きそふくしま/2002年開設
■所在地/長野県木曽町新開6959
■開設主体/木曽町(旧木曽福島町)
■設置目的/各種体験を通じて都市と農村の交流を図るとともに、木曽地域の伝統文化等を伝承するため、ふるさと体験館を設置する
■運営主体/NPO法人ふるさと交流木曽(指定管理)
■設立目的/長野県木曽町において、地域の歴史、文化、伝統工芸、郷土食、農業、林業等の体験を学生及び一般者に指導伝承し、地域の発展、子供達の健全育成並びに都市と農村との交流に寄与することを目的とする
■活動内容/①郷土食体験(そば打ち/笹巻き/もちつき/豆腐/ほお葉巻き/五平餅/おおびら/味噌/すんき漬等)、②木工体験(ヒノキの箸づくり/木のペンダント/小枝のクラフト/小物入れ等)、工芸品体験(つる細工/わら細工/木の実のブローチ/草木染め等)、③林業体験(森林づくり/きのこの植菌等)、④農業体験(野菜作り/野菜の収穫等)、⑤歴史自然体験、⑥郷土食提供(食堂の営業)、⑦特産品の販売等
■利用状況/年間体験者数6,152人/2017年度、年間郷土食等提供者6,169人/2017年度

※オプション 昼食 (希望者のみ/要申込)

□提供:NPO法人ふるさと交流木曽
□日時:平成30年12月7日(金曜日) 11:15~12:45 
□場所:ふるさと体験館きそふくしま 食事処 四季
□費用:昼食代1,500円(税込) ※昼食のキャンセルは、取消料(開催前日50%、開催当日100%)が発生しますのでご注意ください。
□内容:すんきとうじそば、五平餅付き

交通アクセス

<会場/住所>
会場 ふるさと体験館きそふくしま 長野県木曽町新開6959

 <車を利用>

・中央高速中津川インター→ふるさと体験館きそふくしま/国道19号線・国道361号線経由_1時間20分(66.3km)
・中央高速伊那インター→ふるさと体験館きそふくしま/国道361号線経由_45分(35.3km)

・木曽福島駅→ふるさと体験館きそふくしま/国道19号線・国道361号線経由_12分(8.8 km)

<鉄道・バスを利用>

木曽町生活交通システム時刻表【平成30年度版】[幹線]開田高原線
https://www.town-kiso.com/files/file/box/14/14612c17ad4e7ac69931fad308058ecadf31d065.pdf
往路
①木曽福島駅10:40→ふるさと体験館10:54
②木曽福島駅11:50→ふるさと体験館12:04
帰路
①ふるさと体験館16:35→木曽福島駅16:51
②ふるさと体験館17:44→木曽福島駅18:00

<開催場所Map>

お問合せ先

一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構業務第1部グリーン・ツーリズムチーム
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
TEL: 03-4335-1983 FAX:03-5256-5211 E-mail:haiko@kouryu.or.jp

関連するオススメ情報

  • 田舎
  • 子供向け
  • 老夫婦で楽しむ
  • 家族で楽しむ
  • 自然が豊富
  • 山間
  • 夫婦で楽しむ

 1999年に閉校した旧大杉谷小学校を地域総合センターとしてリニューアルし、その二階フロアに活動拠点を置く「大杉谷自然学校」が1999年にオープンしました。  運営は「NPO法人大杉谷自然学校」によって行われ、現代の消費型社会に対して問題提起をし、日本の地域社会に残された循環型社会へのヒントを環境教育及び地域経済に反映する事業を行い、もって持続可能な新しい...

  • 農村体験
  • 自然が豊富
  • 山間

1993年に閉校となった旧熊ノ木小学校校舎をリニューアルし、宿泊型体験交流施設として、星ふる学校「くまの木」が2002年にオープンしました。 運営は「NPOくまの木里の暮らし」により行われ、地域の資源や農山村の環境を活用した体験交流事業や、農山村の振興に関する事業を行い、あわせて自然の営みと人々の暮らしが調和する社会の実現に向けた取組みを進め、次世代につな...

  • 農村体験
  • 老夫婦で楽しむ
  • 家族で楽しむ
  • 自然が豊富
  • 郷土料理
  • 料理がおいしい
  • 夫婦で楽しむ

1997年に閉校となった旧黒川小学校をリノベーションし、体験交流施設として、「ふるさと体験館きそふくしま」が2002年にオープンしました。運営は、地域住民で構成される「NPO法人ふるさと交流木曽」により行われ、各種体験を通じて都市と農村の交流を図るとともに、木曽地域の伝統文化等を伝承することを目的に、各種事業等が取り組まれています。

メニュー
閉じる
言語
閉じる